作業員

トランクルームを使ってスペースを有効活用|不用な荷物は社外で保管

温度や湿度も管理可能

作業員

穀物の保管は温湿度管理が重要

穀物を加工しているメーカーでは、その原料を購入してから使用するまでの間の、品質を保つことを考える必要があります。一般に穀物は収穫したばかりの時は、水分量のばらつきがあり、すぐに使用しにくい場合もあります。そういった時には、少しの間、保管しておくことで、水分量のばらつきを修正することができるため、倉庫に保管しておくのです。しかし、工場内の倉庫には使用するための原材料や製品があふれていることが一般的で、使うまでの数か月、倉庫においておくことができないのが一般的です。そのため、穀物を保管する専門の業者の倉庫に預けておくことが大半です。そこで、使用できる状態になったことを確認して、工場まで運ぶわけです。湿気や虫を寄せ付けず管理状況を保つように心がけます。

保管中の防虫体制は必須

こういった倉庫では、穀物を保管する上で、虫をわかしてしまうことは許されません。いざ、使用する際に見ると害虫だらけだった、となれば、存在価値がなくなってしまうのです。そのため、顧客から要望された温湿度帯を維持していくことはもちろんですが、顧客が気が付かない場合でも、最も適すると考えられる状態で保管を行います。特に、温度を低くしておくことが良いと思われがちですが、暑い時期などには、冷蔵庫から常温に出してしまうと、多くの結露が発生することになります。この水は、カビが生える原因にもなるため、倍しできるような温湿度帯で管理していく必要があるわけです。また、こういった倉庫では、燻蒸できる設備を持っていることも多く、虫が発生したとき、対処できるようにもしております。